お知らせ・ブログ

ゆうぼくの無添加ハム・ソーセージについて

みなさんは無添加の食品と聞いて何を連想しますか?

 

やはり「安心」でしょうか。

 

そもそもなぜ無添加が安心なのか・・・
明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。

何となく化学調味料は身体に悪そう・・・、本当にそうなのか?

 

ハム・ソーセージについては少しだけお答えできるので、お答えします。

一般的なソーセージに使われる結着剤のリン酸Na。

と畜してから時間が経った豚肉には結着作用が残っていないため、リン酸Naを添加し、肉を結着させます。

しかし、このリン酸Naは多量に摂取すると骨をもろくさせる恐れがあります。

 

続いて、ハムやソーセージはキレイなピンク色をしておりますが、あれは全て発色剤のおかげです。

発色剤は亜硝酸塩が一般的に使われますが、抗菌作用や防腐効果など、保存を良くすることが主な目的です。

しかし、この亜硝酸は発がん性を有するといわれている他、幼児が多量に摂取すると窒息すると言われています。

 

いずれも添加されているのは少量であるため、食べてすぐおかしくなるということは無いと思いますが、これを聞くと少し不安になりますよね。。。

 

だから、ゆうぼくは無添加のハム・ソーセージなんです。

添加物を省くので、色も淡く、どちらかと言えばキレイとは言えません。保存期間も短いです。食感も異なります。

ただ、無添加でもハム・ソーセージは作れるんです。

 

もちろん添加物の全てが悪いわけではなく、添加することで得られるメリットもたくさんあります。しかし、不透明な部分があるのは確かだと思います。

それぞれ一長一短はありますが、ゆうぼくでは”安心”を信じて今後もその道を突き進んで行きたいと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015.03.28