ハム・ソーセージの原材料について

 

ゆうぼくの里から、今日はハムソーセージの原材料のお話をさせていただきたいと思います。

 

HPに書かせてもらっているとおり、当店の加工品は”無添加”が特徴です。

原材料は豚肉(愛媛産)、伯方の塩、三温糖、香辛料のみです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

先日、某通信販売サイトで販売する当社商品に対するクチコミに「三温糖が使われているが大丈夫なのか?」という書き込みがありました。

 

このお客様はなぜ、三温糖が不安なのか・・・、それは「カラメル色素」です。

 

お菓子づくりなんかでやる砂糖を焼いただけのカラメルは無害なのですが、食品添加物として使われているものはアンモニア化合物を加えて作られるものです。そしてそのカラメル色素には一日許容摂取量(ADI)が設定されています。

 

簡単に言えば毒性があるから、1日に摂取していい量が定められているということです。

ちなみに、多量に摂取することで、発がん性や免疫低下等が報告されています。

もちろんADIは十分余裕を持って設定されているので、食べてすぐおかしくなるということはないと思います。

やはり日々の蓄積です。

 

そんなカラメル色素、一般的な三温糖には添加されていることが多いのですが、当社で使う三温糖にはもちろん、添加されておりません。

原材料はサトウキビとテンサイの原料糖のみです。

 

こういったご指摘があったので、商品の原材料表示も工夫しないといけないですね。

添加物に関しては良し悪しの議論がありますが、ひとつだけ言えるのは、当社はとことんこだわっていきたいという想いがあり、そしてゆうぼくスタッフ一同が同じ想いで製造しているということです。

 

当社は「お届けできるのは安心・味・心です」という理念があります。

理念にプライドを持って商品をお作りいたしますので、是非これからもゆうぼくをよろしくお願いいたします。

 

最後に、GWの出だしは最高の天気です!

こんな日には是非、ゆうぼくの「熟成はなが牛」と「無添加ソーセージ」、そして西予市産のおいしい野菜でBBQを^^